冷え 食べ物

MENU

冷えが酷い時に食べたい食べ物・食べないほうがいい食べ物

寒くなると悩むことが増えませんか。寒さで朝起きるのが大変になってきますね。
どうしても布団から出づらくて、しっかり寝ていたとしても気合いが必要になります。

 

毎朝どんな時でもスパッと起きられる人は、起きるという責任感がしっかりしているのですね。寒いとかまだ眠たいという余計な感情ではなく、時間になったら起きるものという真っ直ぐな気持ちでいるのですよね。

 

当たり前なことかも知れませんが、寒さや眠いという辛さと面倒の中で、一発で起きることが出来る人は素晴らしいです。言い訳をしない人になりたいものです。

 

そんな寒い朝の一杯の温かい飲み物って、とても有り難くて幸せですね。
身体を温めてくれるその一杯の飲み物は、天使のような存在に感じられるほど心に響きます。
身体と心をダブルで温かさという愛と活力で包んでくれるのです。そう感じる人はいませんか。さっきまでの眠さが嘘に感じるほど、気合いを与えてもらえるのです。身体が温まるということは心にも良い影響がありますから、温かい身体を大事にしましょう。冷えた身体を温める時、積極的に摂りたい食べ物があります。

 

体を温めてくれる食べ物

代表的な野菜では人参、ごぼう、玉ねぎ、かぼちゃ、ねぎが挙げられます。
生姜、ニンニク、コショウ、シナモンも身体の中から温まります。食材のポイントは、煮る時間がかかること、根を張っていること等です。
他には黒豆、納豆、肉、魚、チーズ、日本酒等も効果があります。
寒い時期には積極的に食べましょう。

 

冷やす食べ物*冷えの酷い時は食べ過ぎない

トマト、なす、きゅうり、レタス、スイカ等水分の多い食べ物が代表されますが、お菓子や清涼飲料水も冷えやすくなります。夜も手足が冷たくて中々寝つけないという人は、事前に入浴でしっかり温まると眠りにつく時間がだいぶ違います。首、手首、足首も冷えから守ることで身体が温まるのでポイントです。
また、就寝前のストレッチも適度に筋肉を動かすことで血流が良くなるので良いことですね。