生姜 効果

MENU

生姜ってどんな効果があるの?


お湯に溶かしたり紅茶に入れたり、冬になると冷えや風邪の改善や予防に良いということで食べる機会も多くなる生姜ですが、どんな効果があるのかはざっくりと知らない人も多いのでは?どんな理由で身体を温めてくれるのかをちゃんと知っておけば、効果も倍増するかもしれません。

 

生姜の冷え性改善の働き

生姜には殺菌作用や免疫力アップ、そして血流を良くして冷えを改善してくれる働きがあります。生姜に含まれているジンゲロールには殺菌作用、免疫力アップ、血流を良くする効果があります。ショウガオールという成分も含まれていて、消化吸収力アップ、抗酸化作用、脂肪や糖質を燃焼させて体温を上げるという効果があるのです。

 

これだけ身体に良い働きをしてくれるなら積極的に食べたいものですが、ちゃんと使い方を知っておかなければ逆の効果も発揮してしまうのです。

 

生姜の取り入れ方の注意

実は生のままの生姜では、身体を冷やしてしまう働きが出てしまいます。発汗作用で熱を下げてくれる働きがあるので、熱があるときにはすりおろした生姜にハチミツなどを加えて甘くして飲むと良いと言われているくらいです。

 

生の生姜を食べて「暖まった!」と思ってもそれは一時的なもので、実は後から体温は下がってしまうという仕組みです。これでは冷え対策にはなりませんね。

 

さらに血流を良くしてくれるジンゲロールは身体の中心部分の熱を指先や足先に送り出す作用があるので、身体の内側の方が冷えてしまうという深刻な事態になってしまう可能性もあるんです。

 

じゃあ生姜を食べちゃダメだ!と思うかもしれませんが、ちょっと一工夫することで対策は出来るのです。その一工夫とは、火を加えたり、乾燥させたりすること。生姜に含まれているジンゲロールは空気に触れたり熱を加えると変質してショウガオールになり、今度は身体の内側から温めてそれを維持する働きに変わるのです。

 

1日10gを目安に乾燥したり加熱したものを食べるのが目安です。お湯に溶かしたり紅茶に入れるときにも、乾燥させたものか加熱したものを使いましょう。